看護師 志望動機

志望動機は面接時に最も大切なこと

病院での面接ではそれほど重要視されない志望動機

病院での面接の場合、志望動機というよりも何がしたいかを聞かれるケースが多くなります。これは、志望動機を聞くよりも希望の配属先などを確認する方が分かりやすいためです。
また、志望動機の内容によって合否を判断するということはほとんどありません。そういったことで判断するケースとしては、どちらかというと退職理由の方が多いですね。病院が面接時に大切にしていることは、採用した場合に長く続けてくれるかどうかという点がほとんどですので、希望があっていれば大丈夫だろうと判断するのです。

クリニックの場合はそうはいかない

クリニックでは志望動機がかなり重要になってくるケースが多いです。というのも、クリニックは非常に数が多いため、その数多くの中からなぜ自分のクリニックを選択したのかは、やはり重要な採用基準になるためです。もちろん、志望動機のみで合否が決まるということはありませんが、重要な部分ではありますのでしっかりと考えて面接に臨むことが大切ですね。
また、志望動機以外にクリニックを志望した理由や、特定分野の専門クリニックの場合は、その専門分野を選んだ理由なども聞かれることがあります。これもクリニックからするとミスマッチを防ぐための質問ですので、かなり重要な部分ですね。病院はとりあえず採用してみてという傾向がありますが、クリニックの場合は採用したからにはきちんと続けてくれないと困るという姿勢であることが多いため、面接が厳しくなるのです。